BOKUGAKIETANARA

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOKUGAKIETANARA

22歳文系大学生が自由に更新します。

飲み会幹事必見!! 大学生こそPaymo(ペイモ)で割り勘すべきでしょ!!

 

f:id:daichi-ideal:20170329024740j:plain

 

みなさん、『Paymo(ペイモ)』ってご存知ですか?

 

『Paymo(ペイモ)』はめちゃくちゃ便利な割り勘アプリです。キャッチコピーに「わりかんを思い出に」を掲げ、スマートに会計を済ませることができる無料なのにすごく出来るアプリなんですよね。

 

学生から社会人前幅広く利用することができるアプリですが、僕は学生こそもっと利用すべきだと思っているので今回は紹介していきたいと思います。単純にみんなが使っていないと使いにくいので広めているだけ

 

Paymoとは

f:id:daichi-ideal:20170329022739p:plain

画像引用元:Paymo公式サイトより

 

Paymo(ペイモ)とは、2017年1月19日にAnyPay(エニーペイ)が開始した割り勘アプリです。友達と一緒にご飯を食べにいった時や会社の飲み会などでの会計を簡単に割り勘で済ますことができます。割り勘する際の決済手数料は無料です。

 

個人的にPaymoのCMすごく好きなんで是非見てください。笑


「paymo Table Trick」 #スゴ技 #神業 #ワンカット #girl

 

Paymoの使い方

 使い方としては、例えばAさんとBさんと僕の3人で飲みに行ったとします。僕がとりあえず立て替えて払い、その後AさんとBさんに支払う金額や簡単なメモなどを入力し送信してAさんとBさんはPaymo内で支払うという流れになります。請求情報はURLやQRコードでも送ることができるようになっています。ちなみに僕はいつもQRコードを使っています。楽ですからね。

 

僕が思うPaymoを使うメリットとしては、面倒な金銭のやりとりがないことです。割り勘する時って、細かい金額とか色々とややこしいですよね。お札とかも大きいのしかない時とか店員さんに両替してもらうなど手間がかかります。でも、Paymoならそれらの面倒な手間が省け、煩わしい思いをせずに割り勘ができるんです。

 

1回の支払い限度額は10万円、1ヶ月30万円となっています。まあ、学生がそんなに大金を使うことはないと思うので限度額を心配する必要はなさそうです。

 

チャージの仕方

 Paymo(ペイモ)へのチャージの仕方ですが、VISAかMasterCardのクレジットカードかプリペイドカードでもチャージできるみたいです。チャージはカードのみですがクレジットカードを持っていない人はコンビニとかでVISAのプリペイドカードが売っているので、それを使うといいと思います。

 

出金も可能

 Paymo(ペイモ)に入っているお金は別の機会に使うこともできますし、出金することもできます。銀行出金の場合は手数料が200円で出金できるようになっています。

 

今、このPaymo(ペイモ)に新規登録すると最大1100円分のポイントをGETできちゃいます。ポイントを獲得するには下のところからアプリをダウンロードして会員登録をして下さい。その際に招待コードを入力することを忘れないで下さいね!!

 

割り勘 アプリ - paymo (ペイモ) かんたん登録で「請求」も「支払い」も
割り勘 アプリ - paymo (ペイモ) かんたん登録で「請求」も「支払い」も
開発元:AnyPay, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

ちなみに1100ポイントの内訳はこんな感じです。

ポイントは翌日以降に付与されるようです。

  • 登録:300ポイント
  • 初回支払い利用:300ポイント
  • 招待コード入力:500ポイント

 

Paymoの使い方を解説してくれている動画があるので参考にしてみてください。


paymo(ペイモ)の使い方

 

 

学生こそPaymoを使うべき理由

別に学生じゃなくでもいいんですよね、ぶっちゃけ。笑

 

でも、僕が学生ということもあって学生生活で使うシーンが多いかなと思ったので、今回は学生目線で書いていきたいと思います。ちなみにPaymo(ペイモ)が想定しているユーザー層は20代から30代の社会人だそうです。

 

割り勘機会が多い

 学生って割り勘にする機会が多いんじゃないかなーって勝手に思ってます。お金あんまりないですからね、そんなに奢れないですよね。笑

 

社会人も割り勘するとは思うのですが、細かいお金を均等に分けているイメージはありません。例えば3280円とかの支払いだったら、3000円ずつまとめて支払う人に渡しているイメージです。なんで3280円なのかというと今日飲みに行った時のお会計が1人3280円だったからです。

 

学生にとって280円は結構大きな金額なんじゃないかな?

 

飲み会など

f:id:daichi-ideal:20170329022550j:plain

 

大学生って飲み会とか多くないですか?

 

サークルとかゼミとか結構大人数の飲み会が頻繁に行われていますよね。大人数の飲み会って幹事がすごく大変で最後お金を集めて支払おうと思ったら、「あれ、足りない!?」みたいなことも。誰が払って、誰が払っていないのかなどの管理も大変です。

 

でもPaymo(ペイモ)を使えば、みんなから正しい金額を集金できるし、払ったかどうかのチェックも簡単です。二次会とか三次会とかになってくるとお金集めるの忘れてたのを後日気づくパターンも。そんな時もPaymo(ペイモ)なら"いつでもどこからでも"請求することができるので次いつ会えるかなーみたいなこともありません。

 

買い出しとかでも

 何かとイベントごとで集まるのが大学生です。

 

花見、BBQ、宅飲み、誕生日会などなど。みんなで集まって何かすることが多いですよね。その時に必要なものを買い出し組が買いに行って、後からみんなで割り勘するとき誰か一人がまとめて出している場合は楽ですが、何人かで分担して買い出ししている時とか計算が面倒です。Paymo(ペイモ)を使えば、楽ちんでそれぞれに請求を送ることができて便利です。

 

今日のまとめ

 いかがでしたか?Paymo(ペイモ)なかなか便利でしょ。

 

日本はキャッシュレス化が遅れています。海外は本当に進んでいて、Fintechのペイメント領域がどんどん発達してます。アメリカだと54%が非現金決済領域で支払われているそうです。世界一キャッシュレスが進んでいるスウェーデンとかだと「現金お断り」を掲げているお店もあるくらいで現金使用率が5%を下回っているみたいです。日本だと逆にカードお断りですよね。

 

僕はオフィスからちょっと外に出るときとか、カードだけで外出することもあって払えなくて困ってしまうことがあります。(そういう時は電話して他の人に財布を持ってきてもらう。)キャッシュレスになったら持ち物減って楽なのになー。早く日本も追いついて欲しいです。

 

Paymo(ペイモ)はみんなが使ってくれないと割り勘できないからみんなダウンロードしてくださいね。笑

【スポンサーリンク】