BOKUGAKIETANARA

BOKUGAKIETANARA

22歳文系大学生が自由に更新します。

現役就活生が就活生にオススメする本 5選

 f:id:daichi-ideal:20170322132923j:plain

こんにちは、Dai (xeasygoing_daix)です。僕は大学に入るまではあまり本を読まなかったのですが、あることがきっかけで読書が好きになりました。多いときは1ヶ月に100冊読んだことがあるくらいです。笑

 

最近カフェとかに就職活動中の学生が四季報やSPI対策の本とか開きながら一生懸命に就活対策をしているのをよく見かけます。僕も18卒なので他人事ではないのですが、今回は就活生にこそ読んでほしい本を紹介したいと思います。

 

自分にとっていい会社はどこなのか、どうすれば内定をもらうことができるのか。どうすればいいのかわからなくなるくらい難しいのが就活です。SPIやESを通るためのテクニックも大切ですが、小手先のテクニックよりも大切なものがあるのではないでしょうか?

  

読書は僕たちよりもはるかに賢い専門家や先人達の知恵を数千円で手に入れることができる最強の自己投資です。変化が激しく正解のないような問題に取り組まなければならない時代だからこそ、まずは読んで欲しい。そんな7冊です。

 

 

現役就活生が就活生にオススメする本 5選 

f:id:daichi-ideal:20170321173022j:plain

 

何偉そうに紹介してんだよ。お前、自分の就活がんばれよ!!

間違いないです...でも紹介させてください!!

 

何者

 

2012年に直木賞を受賞した今ホットな作家の朝井リョウさんの作品です。代表作に「桐島、部活やめるってよ」などがあります。

 

あることがきっかけで、5人の学生が繋がり、一緒に就活を頑張ることに。マンションのある一室を就職活動本部として集まり、繰り広げられる社会人になろうとする学生のたちのストーリー。就職活動で問われる自分は「何者」なのか?学生というモラトリアムが突然終わりを告げ、もがき苦しみながら「何者」かになろうとする学生を描いたリアルすぎる就活ストーリー。

 

現代の「就活」の雰囲気というか当たり前の流れみたいなものを上手く表現している作品です。就活生には絶対に一度は読んで欲しいです。就活中の人は、「あー、あるある!! わかる!!」みたいなシーンがたくさんあるし、これから就活を始めようとする人にも参考になるはずです。

 

考える技術・書く技術

 

初版は1973年。Amazonの売れ筋ランキングで「ビジネス文書部門」1位と今なお読み続けられているバーバラ・ミントの名著。コンサルティング系の会社に行きたい人は必読と言われているような書籍ですが、全ての就活生に読んでほしい内容です。

 

タイトルからはライティングの技術とかが書いてあるのかなと思っていたのですが、思考や伝えたいことを整理して論理立てて伝えていくためのテクニックなどが解説してあります。ESや面接など全ての就活シーンで役立つこと間違いなし!!

 

銀のアンカー

 

かつてアメリカ経済界で「草刈機」と呼ばれた元カリスマヘッドハンター・白川義彦。日本に帰ってきた彼は、突然就職セミナーに現れ、講師が語る「キャリアアップ」という言葉の怪しさを論破する!白川の論調に感銘を受け、彼を訪ねた大学3年せいの田中雄一郎と北沢千夏。軽い気持ちで就活を考えていることを見抜いた白川が、2人に授けた就活指南とは!?前代未聞の内定請負漫画、ここに開幕!

 

「銀のアンカー」は日本の就職活動がテーマの漫画です。就職活動の一連の流れを網羅しています。内容も現実的で"就活の極意"と"人生の本質"が随所に散りばめられています。

 

漫画なので読みやすく、就職活動で疲れたときは気分転換として「銀のアンカー」を読んでみてはいかがでしょうか?

 

僕たちは君に武器を配りたい

 

20代が生き残るための武器とは?

 

東大、マッキンゼーを経て、現在は京大で人気の瀧本哲史先生の変化が激しく厳しいこれからの世の中で生き残るための「武器」を手に入れるために必要なこととは何なのかについて書かれている自己啓発本。 

 

一流大学を出れば一生安泰、一流企業に入れば一生安泰。そんな時代は終わりました。数年前の就職人気ランキングTOP10だった企業のうち、半分以上の企業が何千人という大規模リストラを行うような時代です。二極化が加速していく、これからにおいて「勝ち組」にならなければならない。そのための「武器」を手に入れよ!!

 

7つの習慣

 

今まで大学生活で500冊以上、本を読んできましたがいつまでも変わらない僕の中の不動の1位がこの「7つの習慣」です。

 

日本国内だけでも200万部を超える大ヒット作品で、活躍されているビジネスマンの人はみんな読んでいるといっていい一冊です。現在、44ヶ国後に翻訳されており世界で3000万部売れているみたいです。

 

「普遍的な原理原則に沿って生きることで人生は劇的に変化」すると説いているこの本は人生を幸福に導くための成功哲学が書かれています。初めてこの本と出会った時、「日本の国民全員がこの本を読めばこの国はよくなるはずだ!!」と僕は思いました。単純すぎるポ○コツ野郎です。

 

大切な人に何かとこの本を配りましたが、この本なかなか分厚くてボリュームがあるので中には最後まで読んでくれなかったことも...  就活で時間が取りにくい方もいると思います。そんな方は漫画版もあるので、そちらから読んで見てはいかがでしょうか?僕も漫画版から入りました。

 

絶対読んでね!!!

 

 今日のまとめ

 

いかがでしたか?たくさん本を読んできた中から選んだこの5冊は、あなたの就職活動に役に立つはずです。普段あまり本を読まない人はこの機会にぜひ読んでみてください。 読書はストレスを軽減するというデータもあるので、就活の息抜きとしてカフェでゆっくり読んでみるのもいいかもしれませんね!!

 

 

【スポンサーリンク】